使ってはいけないわけではない

メルライン口コミ

メイクを落とすのにクレンジングオイルを使用している女性は多いです。

 

メイクとのなじみもよく、すっきりと落とせるのがその理由で、一度使ってしまうと、他のクレンジングでは汚れが落ちた気がしないという人もいるでしょう。

 

そもそも、クレンジングオイルが肌に悪いと言われるようになったのにはきちんとした理由があります。

 

それは、含まれている成分の中で界面活性剤が多く入っているからです。

 

油分で浮き上がらせてメイクを落として行きますが、その油分を肌から落とすのに使われるのが界面活性剤です。

 

界面活性剤は、水分と油分を混ぜ合わせるのに使われる成分で、他のコスメにも多く使用されていますが、皮膚への刺激が強く、配合荒れている種類や量によっては、皮脂膜が破壊されてしまうこともあります。

 

皮脂膜とは、角質の上にある皮脂や汗によってできた膜のことで角質を保護する働きがあります。

 

クレンジングオイルを使うことで、お肌に必要なうるおいまでも洗い流してしまうので、負担が強くなることが分かります。

 

また、オイルという性質上、とてもサラサラとした形状をしています。

 

ミルクやジェルといった成分であれば、クッション性がありますが、オイルは肌を直接指でこすって摩擦を与えている状態になります。

 

特に敏感な目元は、アイメイクをしっかりと行うポイントでもあり、何度もこすることで、くすみの原因になることもあります。

 

しかし、しっかりとしたメイクを落とせるのもクレンジングオイルの魅力です。

 

使うのを辞めるのではなく、メイクの状態に合わせて選ぶことが大切になります。

 

クレンジングオイルを使う時は、できるだけ早くメイクとなじませることがポイントです。

 

つい指に力が入りますが、オイルはメイクとなじませるだけで落とすことができます。余計な刺激になるので、やさしく手早く行うことを心掛けましょう。すすぎはぬるま湯でしっかりと行い、清潔なタオルで顔を拭くようにします。


口周り