季節によって変わるニキビの原因

ニキビは、気温や湿度の変化、紫外線、花粉症などのアレルギー、ストレスなどの要因が絡むことで、季節によってニキビの原因に違いが出てきます。

 

そのため、ずっと同じケアを続けていても意味がない場合があります。

 

ニキビは、季節によって原因が違うため、対策も合わせて変えていく必要があります。

 

春は、気温や湿度は上昇するため、肌に潤いが戻る季節でもありますが、花粉などのアレルギーやストレスによるニキビが出来やすい時期です。

 

アレルギー症状があるときの肌は敏感な状態のため、外的刺激を受けると角質が厚くなり肌が防御態勢をとるために皮脂が増えてきます。

 

また、ストレスは、男性ホルモンを優勢とし、皮脂量が増えてしまいます。

 

の対策としては、花粉症が原因の場合には、外出から帰宅したら花粉を払い落とすことや空気清浄機を導入することなど花粉が肌を刺激しないようにすることです。

 

は、紫外線により肌のバリア機能が衰えやすくなっています。

 

肌を守るために角質層を硬くなるため、結果として毛穴が詰まりやすくなります。

 

夏は、紫外線対策をしっかりと行うことや保湿を十分に行うことです。汗をかきやすい時期ですが、シャワーを何度も浴びたり、洗顔料でゴシゴシと顔を洗っていると洗いすぎから乾燥してしまいニキビができやすい状況になります。

 

は、夏の疲れが肌に溜まっているため、シミが出来やすい状態です。

 

夏ほど紫外線はありませんが、秋も紫外線は強いため、外では紫外線の影響を受け、室内ではエアコン等による乾燥で肌が疲れやすい状況です。

 

秋も春と同じように花粉症などのアレルギーで悩む人が多い時期でもあるため、アレルギーがある場合には、症状が出る前に対策をとる必要があります。

 

は湿度も下がるため、肌が乾燥しやすくなります。そのため、乾燥が原因でニキビができやすくなります。冬は、保湿を一番重要視することです。

 

また、冷えなどから血行が悪くなりやすい時期でもあるため、身体を冷やさないように心がける必要があります。

 

ニキビケア化粧品でおすすめなのはメルラインです。


口周り